気になるシミは、専用美容液で早めの徹底ケア!このサイトでは、普段のお手入れにプラスしてケアができる、有効成分をギュッと濃縮した美容液をランキング形式で紹介しています。
シミに効くという化粧品は多くありますが、美容液なら今持っている化粧品にプラスするだけで良いのでお手軽ですね。 専用の美容液をつかうのが一番近道です。
すでにできてしまったシミは目に見えますが、実は肌の内部にはメラニンがちゃくちゃくと育っているので早めのケアが効果的! メラニンを撃退して、透明感のある美肌になりましょう♪
シミ専用につくられた美容液はお肌に合うかどうか不安・・という人も多いと思うので、お試しのトライアルからはじめられる人気の美容液を紹介しています。
↓↓↓まずは売れてる人気3商品の紹介から↓↓↓

【シミ美容液】当サイト経由の売れ筋ランキング BEST3!

ディセンシア サエル
お試し1,480円 送料無料
美白が効きにくいと感じている人は「隠れ敏感肌」かも? 敏感肌は角層が乱れています。まずは健康な肌にしないと美白ケアをいくらしても効果は現れません。 サエルは角層改善+美白ケア化粧品です。
b.glen(ビーグレン)
お試し1,944円 送料無料
シミ消し成分として最も有効なハイドロキノンをナノ化レベルで浸透させる。強すぎて肌質によっては合わない可能性が。
アスタリフトホワイト
お試し1,080円 送料無料
ビタミンC誘導体と3種類のコラーゲンをナノ技術によってさらに小さくし、浸透力がアップ。メラニンに素早く浸透します。

ディセンシア サエルが堂々の1位!

 美白化粧品なのに高い保水&保湿力(約2倍以上)
 肌のバリア機能を高めながらメラニンを抑える「攻防一体」化粧品
健康な肌と思っていても美白が効かないという人は、実は敏感肌と同じことが肌で起きている可能性があります。 敏感肌は肌の角層がすきまだらけ。そのため、外部刺激を受けやすく、刺激に弱いんです。
刺激を感じていなくても、角層がすきまだらけだといくら美白ケアをしても「ざる」状態になってしまうので効くはずがありません。 サエルは高い保湿力と、肌の炎症を抑える力で健康な肌にしながら美白ケアを行います。 美白といえばピリピリするイメージがありますが、サエルは自然派化粧品なので安心です。 使ったあとのお肌のもちもち感はすごいですよ☆

注目の特集

≪本当の紫外線対策について≫
女性にとっては大敵の紫外線、防ぐ対策は万全にできているつもりでも、100%防ぐことは難しいです。 では、浴びてしまった紫外線対策はどうすれば良いの?ということになります。
≪売れ筋の5商品を掲載!一括比較表≫
当サイト経由で売れている人気5商品を一括比較しています。 金額、有効成分、総合評価などをそれぞれ掲載。 あなたにぴったりのシミ美容液はどれ?
≪ハイドロキノンが入ってる化粧品直接対決!≫
肝斑などの濃いシミに有効なハイドロキノンの威力を実感したい。 この成分が含まれているシミ対策化粧品の主要2商品を徹底比較。 果たして違いはどこにあるのか??

シミ美容液を悩み別で選ぶ

「シミ美容液マニアのシミ美容液ランキング!」について
普段つかっている基礎化粧品を全部変えるのはお金もかかるし、保湿が弱くなる気がする・・美容液ならお手入れの最後にプラスするだけですし、シミに特化した美容液をつかうのが賢い選択。 シミといっても色々な種類があります。肝斑(かんぱん)、ニキビ跡、日焼けによってできた濃いシミ、色白さんに多い広範囲に点在するシミ。その種類によって美容液も選ぶ必要があります。 シミの原因はほとんどが紫外線によってできたメラニンですが、肌の新陳代謝が活発なら自然に排出されていきます。 必要以上に紫外線を浴びたりすると活性酸素が発生し、メラニンの生成を促してしまいます。 そのため、ビタミンCで活性酸素を除去し、ハイドロキノンでできたシミを薄くしていくのが一番効果的です。 シミ美容液の口コミなども掲載していますので参考にしてください。 美白に効く成分として有名なのはハイドロキノン、プラセンタ、コラーゲンなどです。薬用美白ジェルでも使われています。 オールインワンゲルより美容液のほうが濃縮されているので本気でシミのケアに取り組もうと思ったら基礎化粧品にプラスしてみてください。 シミに効く化粧品は、顔の黄ぐすみにも有効です。即効性があるのが特徴ですね。顔だけでなく、40代の方は手の甲も気になるかもしれませんので活用してみてください。
サエル
敏感肌・乾燥肌やインナードライで美白が効きにくい、使えないと諦めていたあなたへ。オーガニック美白ケア。
ビーグレン
シミに最も有効といわれるハイドロキノンを絶妙のバランスで配合し、唯一医薬品として売られている美容液。
アスタリフトホワイト
独自の技術で産まれたナノ美白有効成分が肌になじんでメラニンに届く。手でしっかりと馴染ませるのがコツ。

悩みで選ぶシミ美容液

肝斑(かんぱん)
ほっぺたや目の下、鼻の下、口周りなど左右対称にできるのが特徴のシミ。
ニキビ跡などの炎症性
ニキビや吹き出物などで肌が炎症を起こしたあと、メラニンが定着してシミになったもの。
くすみ
肌がどんよりとして顔色が悪くみられてしまう人へ。 トーンをあげて透明感のある肌へ。